神話婚~神話の国で叶える神社結婚式

問合せフォーム

問合せフォーム

宝満宮 竈門神社Houmangu Kamado Jinja

霊峰宝満山の麓に鎮座する宝満宮竈門神社(ほうまんぐう かまどじんじゃ)。主祭神に玉依姫命(たまよりひめのみこと)をお祀りしていることから、魂(玉)と魂を引き寄せる・引き合わせる(依)という御神徳を慕われ、古来より男女、夫婦円満の縁はもとより、家族や友人との絆も結ぶ「縁結びの神」として慕われる神社です。 春は桜、秋は紅葉の名所としても親しまれている竈門神社では、四季折々の豊かな自然に囲まれた格式高い荘厳な神前結婚式を挙げることができます。 境内にも「愛敬の庭」「幸福の木」「再会の木」など縁結びスポットが多数。お守りや授与品の種類もバリエーションが多く、全国の神社好きから人気を集めています。

歴史と由緒
天智天皇の御代、九州一円を統治する大宰府政庁が置かれた際、鬼門にあたる竈門山(宝満山)では大宰府また国家鎮護のための祭祀がはじまり、天武天皇二年(673)、朝廷の命によって上宮が建立されました。
宝満山が大宰府政庁と密接な関係にあったことから、最澄や空海をはじめ、遣隋使や遣唐使など大陸へ渡る人々が航海の安全と、目標達成のために登拝し、祈りを捧げた山として大切に守られてきました。現代においても、新たな生活をはじめる方や、人生の節目を迎えた方々などが参拝に訪れ真摯な祈りが捧げられています。

創立 社伝では、天武天皇2年(673年)を創建としている
ご祭神 玉依姫命
特徴・ご利益等 縁結び、方除け、厄除
史跡・文化財 国の史跡 宝満山 (社地を含む周辺一帯)
住所 福岡県太宰府市内山883
交通アクセス 【お車・バイクをご利用の場合】
九州自動車道「太宰府I.C」から約8.5km(約20分)
「筑紫野I.C」から約10km(約25分)
都市高速道路2号線「水城I.C」から約8.5km (約20分)
【電車・バスをご利用の場合】
最寄り駅は西鉄電車の太宰府駅です。太宰府駅から竈門神社へはコミュニティバス「まほろば号」が運行しております(約10分/料金100円)。徒歩の場合は、太宰府駅より約40分です。
結婚式について 両家合わせて約40名まで列席可